BOで負けた時のメンタル管理

BOで負けた時のメンタル管理

ごくたまにではありますが、リモートWORKの手法を以ってしても、運悪く取引で連敗することがあります。

そうなった時、あせって取引額を大きくしたり、またヤケクソになってはいけません。

負けた時こそ冷静に、また焦らずにルールを遵守する判断力が必要になります。

では、どういった点を意識すべきなのか…本節では、負けた時のメンタル管理についてお話ししていきます。

リモートWORK公式HP
夢の不労所得構築に挑戦!

損失=必要経費

負けを取り戻そうとして、どんどん相場にのめり込んでしまう人、これでは長期的に稼ぐことはできません。

正常な判断力を失ってしまうと、リモートWORKの手法も遵守できなくなってしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのが、負けに対する意識を変えること、損失を必要経費と考えてみてはいかがでしょうか。

全ての取引で勝ち切ることはできず、負けがあるからこそ勝ちを拾えるわけです。

負けは必要なものであり、短期間で見ればマイナス収支となることもあるかもしれませんが、リモートWORKの手法であれば月収支で見ればプラスを維持できるはずです。

ですので、どうか焦らず熱くならず、冷静に淡々と運用を継続してみてください。

金額ではなく勝率主義

稼ぐ気持ちが強くなりすぎると、ついつい利益の大きさで取引を捉えがちになります。

ただ、お金に対する器の大きさは人それぞれ異なるため、金額に意識を向けるのではなく勝率を意識することをおすすめします。

なぜかと言えば、金額を意識しすぎると取引に邪念が入りやすくなってしまうからです。

例えば、この利益が取れれば〇〇にお金を使いたい、旅行に行きたい、早く会社を辞めたい、などなど。

そうなると、身の丈に合わない取引になる恐れがあり、手法をマスターする前に資金がパンクしてしまうことも考えられます。

一方勝率意識であれば、まず勝率という明確な数値のおかげで、成長が感じられやすくなります。

またBOにおいて高勝率が達成できるようになると、リモートWORKに対する信頼感もより高まるため、他の手法に目を向けようとも思えなくなるでしょう。

取引額を大きくするのは、高勝率を達成した後からでも可能ですが、その逆は簡単ではありません。

コツコツ長期的に稼げるようになるためにも、まずは勝率に目を向けた運用を意識していただければと思います!

リモートWORK公式HP
夢の不労所得構築に挑戦!
TOPページを見る